薬剤師求人に強い求人とは? 薬剤師必見の就活情報満載です

在宅医療における薬剤師求人について

近年、薬剤師の活躍するフィールドは広がりを見せていて、従来のように薬局や医薬品メーカー、ドラッグストアといった職場だけでなく、様々な場所で薬剤師が活躍しています。
そんな中で現在非常に増えているのが、在宅医療に関わる薬剤師求人です。
在宅医療が世間に知られるようになったのは21世紀になった頃からでしょうか。
従来は医師の診察を受けるためには外来で病院を訪れるか、入院して治療を受けるかの二者択一でした。
しかし、新しい医療として在宅または老人ホームなどの施設で治療を受けることが選択できるようになりました。
現在は在宅医療を受けている患者の数はまだまだ少ないのですが、日本ではこれから超高齢化社会を迎えるにあたって、在宅医療を希望する患者さんはどんどん増えていくものと考えられています。
また現在は在宅医療を受けている患者さんの多くは癌の末期患者のための緩和治療や、脳疾患で身体が不自由になり人工呼吸器が必要な患者などに限られていますが、これからは自立度の高い人でも在宅医療を受けられるような体制が整えられていくでしょう。
そして、在宅医療では薬剤師の果たす役割が非常に重要になります。
というのも、在宅医療で行われる治療のほとんどが投薬治療となっているからです。
ですから、薬剤師は患者についての情報を医師と共有し、患者の症状に適した投薬治療を行うのが仕事ということになります。
その他にも、在宅患者に対しての薬の飲み方の指導を行ったり、ヘルパーの方と協力して薬を的確に飲むことができるように管理を行うことも薬剤師の重要な仕事となります。
残念ながら、現在は在宅医療が全国に行き渡っている状況にはありません。
特に地方では都市部に比べて薬剤師が不足していることもあって、在宅医療が浸透しているとは言い難い状況です。
しかし、本来は地方こそ在宅医療が普及すべきなのです。
地方では高齢者が多いですし、病院まで距離があって通院するのが大変だという高齢者がたくさんいます。
そのような患者が在宅医療を受けられるようになるためには、まだまだ薬剤師が必要なのです。